中部デザイン協会 【お知らせ】 交流会

CDA交流会ツアー 古都ふらり ~町宿「枩邑(まつむら)」に泊まる~

CDA60周年記念事業 古都ふらり

~町宿「枩邑(まつむら)」に泊まる~


新秋の風が心地よい季節になりました。中部デザイン協会の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
このたび中部デザイン協会では、60 周年記念事業のなかの交流会第二段として、「古都ふらりツアー」を企画いたしました。
お世話になる町宿「枩邑(まつむら)」は、宿泊施設に古民家再生した建もので京都市南部の伏見区に位置します。伏見は、豊臣秀吉が約400 年前に築いた伏見桃山城の城下町です。
宿を出て足をのばせば龍馬で有名な寺田屋や、酒蔵が建ち並ぶ町並、そして、その一角を囲うように流れる川の風情も伏見ならではのものがあり趣の深いものです。
季節柄、紅葉狩りや酒蔵散策を楽しみながら、一日の終わりは町宿でデザイン談義に花を咲かせ、秋の夜長まったりとした時を過ごしてはいかがでしょうか。
(担当理事:高梨ゆかり)

■ 定員:男性締切ました。女性あと2名募集しています。(部屋数の都合で少人数での募集、および部屋割りの都合で男女比の調整をさせていただきますこと予めご了承ください。)


案内PDF (申込書)
CDA60th

活動報告/お知らせのトップページ